4月1日 Osaka Metro 誕生

[2018年4月1日]




大阪市営交通は、1903年(明治36年)に日本初の公営路面電車を開業し、地下鉄事業は1933年(昭和8年)に御堂筋線の梅田~心斎橋間で開業して以来、いくつもの時代を大阪の街と共に走ってきました。
この地下鉄事業を、将来にわたり持続し発展させていくために、2018年(平成30年)4月1日、新たな組織に生まれ変わり、株式会社としてスタートを切ることとなりました。

衆知を集めた全員経営で、これまで培ってきた安全・安心を最優先に、さらに快適性を追求しながら地下鉄を走らせ続けることで、大阪の毎日を支え続け、そして、鉄道会社の枠を超えた取り組みにもチャレンジ精神をもって挑戦していきます。


私どもは、「走り続けるために、変わり続ける。(Change to Run)」「走り続けながら、変わり続ける。(Run and Change)」ことを皆さまと約束し、社会に信頼され、支持される企業を目指して、役員・社員一同、一丸となって取り組んでまいりますので、引き続き、ご愛顧とともにご協力賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


大阪市高速電気軌道株式会社
代表取締役社長
河井 英明





企業理念
私たちは、
最高の安全・安心を追求し、
誠実さとチャレンジ精神をもって、
大阪から元気を創りつづけます。
   
私たちの基幹事業である鉄道は、安全が生命です。
鉄道における最高の安全・安心を追求しつづけることはもちろんのこと、
あらゆる場面で、この安全の精神を欠かすことなく追求しつづけます。 
 
私たちはー世紀を超える歴史をもつ市営交通事業が母体であり、これまで大阪のまちづくりとともに歩み、
「ひとにやさしい交通機関」の精神のもと、
誠実に、真摯に仕事に取り組んできました。
これからもこのマインドを受け継ぐとともに、チャレンジ精神をもって
鉄道を核に生活まちづくり企業へ変革していきます。 
 

そして、大阪を起点に関西が魅力あふれるまちになるよう演出し、
お客さま、地域の方々をはじめ、つながりあう皆さまとともに、
大阪から元気を創りつづけます。


 

愛称 


 
  aisyou.jpg
 

「Metro(メトロ)」の語源は、“首都の”」“大都市の”を表す「metropolitan(メトロポリタン)」に由来しますが、世界の主要な都市の「地下鉄」を表す言葉として世界的に認知された名称で、多くの国・都市で使用されています。

今後の大阪のさらなる国際化を見据え、グローバルスタンダードである「Metro」を愛称に取り入れることで、「名立たる世界の大都市の『Metro』と肩を並べるとともに、世界のどの『Metro』にも負けないくらい大阪らしい『Metro』になる。」という強い決意を込めています。

 
 

シンボルマーク(名称:moving M


mark.jpg moving_m.jpg

Metro」の「M」の中にosaka(大阪)」の「O」を内包し、螺旋状の動きのあるフォルムで、「走り続ける」エネルギーや動力・推進力を表しています。色は、深く鮮やかな青をメインに用いることで、安全・安心の印象を想起させるとともに、エネルギッシュな大阪の街や、走り続ける活力をイメージしています。
また、動くシンボルマークとして、「マーク=平面の図形」という概念を打ち破る「チャレンジ精神」を表し、Osaka Metroが目指す「走り続ける」「変わり続ける」姿を象徴化しています。


 
ブランドコンセプト/コーポレートスローガン
 
走り続ける、変わり続ける。
 
ブランドコンセプトは、Osaka Metroのあらゆる活動の原点であり、全社員が胸に刻み続ける共通のマインドです。「走り続けるために、変わり続ける。(Change to Run)」と「走り続けながら、変わり続ける。(Run and Change)」の二つの意味を持たせ、Osaka Metroの目指す方向性を示しています。
コーポレートスローガンは、Osaka Metroが目指す方向性をしっかりと示すためにブランドコンセプトと同じ言葉としています。
これからも『走り続ける』こと、ニーズや時代の流れに合わせて『変わり続ける』こと」を宣言し、約束する決意を込めています。