民営化後の乗車券・割引について

民営化後の乗車券・割引について 平成30年4月1日から、地下鉄事業は大阪市高速電気軌道株式会社に、バス事業は大阪シティバス株式会社に変わります。民営化にあたり、大阪市交通局の乗車券はそのままご利用いただけます。各種割引制度は変わりません。PiTaPaマイスタイルやプレミアムの再登録は不要です。ただし、学生プランなど3月31日で期限が切れるものは、これまでどおり更新手続きが必要です。4月1日から、ICOCA連絡定期券、ICOCAバス定期券を発売します。民営化後もさらに便利で快適な公共交通を目指してまいります。