Osaka Metro Group は、株式会社アプリズムと共同で、2024年1月上旬から一部の路線バスにおいて、お客さまがご利用になられた「乗車区間データ(以下、「乗降データ」という。)」をAIカメラで取得する第2回実証実験を行います。
 路線バスの利用状況を把握するため、従来の方法では調査員がバスに乗り込み、調査票を配布し乗降データを調査していましたが、特定の1日の乗降データしか取得できず、多額のコストと労力が必要でした。
 今回の実証実験では、2023年6月から7月に実施した第1回実証実験で得られた結果を基に、対象路線を拡大し、効率的・効果的な乗降データ取得方法の検証を行うことを目的としています。これらの実証実験を通じて、今後における最適なサービスの提供に活かしていくことを目指します。

1 実証実験について
(1)期間
2024年1月上旬から2024年1月31日(水曜日)(終了)
※2024年1月31日(水曜日)更新:(予定)を(終了)に記載変更

(2)対象エリア
【住之江営業所の担当路線】

阿倍野区・生野区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・東住吉区・平野区・港区内の路線バス18系統
(2、3、4、9、14、15、16、17、25、29、33、48、49、54D、61A・B、73、76、89号系統)
なお、AIカメラを搭載した路線バス16台が上記系統を運行します。


2 AIカメラについて
本実証実験では、AIカメラで撮影した全身画像はAIカメラ内でお客さまの全身の特徴量データに変換した後にただちに削除するとともに、お客さまが乗車した停留所と降車した停留所でのお客さまの特徴量データが一致したデータを乗降データとして集計します。


システム構成図

AIカメラ設置位置図

AIカメラ設置イメージ

3 個人情報等の取り扱いについて
・乗降口に設置したAIカメラで撮影した画像は、車内AIカメラ内で特徴量データに変換して削除されます。
・特徴量データは、安全管理措置を施したサーバ内で本人識別ができない乗降データを作成し、一定期間保管された後、削除します。
・乗降データは路線バスの利用状況を把握するために用います。それ以外の目的には利用しません。また、乗降データから統計的に処理を施した統計情報を作成する場合があります。
・なお、撮影した画像データ等によりお客さまの行動追跡等を行うことはなく、特徴量データは、法令に基づく場合等を除き、第三者に提供しません。

4 その他
[本実験に関するお問い合わせ]
Osaka Metro・シティバス案内コール
電話:06-6582-1400 (8時から21時・年中無休)

[ホームページからのお問い合わせ]
お客さまの声|Osaka Metro


【株式会社アプリズムについて 】
(URL:https://apprhythm.co.jp/
所在地
大阪市中央区難波5丁目1番60号 なんばスカイオ27階 WeWork
代表者
代表取締役社長 仙敷 久善
設立
2011年11月1日(火曜日)
事業内容
画像処理およびAI(人工知能)、IoT技術の研究・製品開発、AI(人工知能)を活用した自社プロダクトの開発等

1つ前に戻る